芦田川の概要
芦田川の歴史
芦田川にはこんな魚が
なぜ汚れるのか
みんなができること
 
川の健康診断
水辺の学び舎
河川浄化チャレンジ月間
活動状況
 
イベント情報
団体情報
 
ニュースレター
AEMCとは



 

活動情報

2020-06/23

2020年度 芦田川 川の健康診断 春季調査(2020.6.7(日))の調査結果をアップしました。

春季調査(第32回調査:2020.6.7)

1.開催概要

“芦田川きれい☆きれいプロジェクト”の一環として、芦田川とその支川の17地点を対象に『芦田川 川の健康診断 春季調査(第32回調査)』を6月7日(日)に実施しました。当初、一般募集による開催を予定しておりましたが、新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、今回は一般募集を中止し、事務局スタッフのみで調査を実施しました。

2.調査方法等

調査は3グループに分かれて行い、1グループあたり5~6地点を分担して調査しました。 各地点では、“水質チェック”(家庭排水などによる川の汚れを調べる上で目安となるCOD、亜硝酸(NO2)、りん酸(PO4)のパックテストによる簡易水質測定)、“感覚チェック”(水の見た目や色、匂い、手触りなどによる評価)を行い、各地点の調査結果をとりまとめました。

3.調査結果

<今回の調査結果>

今回の調査結果では、芦田川上流の調査地点である①府中大渡橋、③府中新橋、本川中流部の⑬中津原取水堰などで比較的評価が高く、支川砂川の④中須大橋、支川有地川の⑦大正橋、支川瀬戸川の⑯観音橋などで評価が低い結果となりました。
 上位ランキングについては①府中大渡橋が、下位ランキングについては⑫出原橋が、1位となりました。

<経年的な傾向>

平成17年春からの調査結果をみると、芦田川本川の上流部から中流部は、概ね良好な評価結果で推移していますが、下流部で流入する高屋川の⑪鶴ヶ橋、瀬戸川の⑯観音橋の評価は、過去の調査結果の傾向と同様に低い評価となっています。

<まとめ>

今回は、春先から少雨が続いており、調査日が田んぼのしろかき時期にあたるため、水量が少ない場所や若干濁りの見られる地点もありましたが、前年と比べ評価が高くなった地点が多くみられました。
 低評価の場所については、様々な要因が挙げられますが、川の水量の減少による影響が大きいと考えられます。しかし、全体的には、極端な水質悪化も見られないことから、芦田川の水質改善に向けた様々な取り組みによる効果で、渇水による水質悪化も低減されているものと推測されます。
 また、過去の調査結果と同様に、芦田川の上流側の調査地点は比較的水質が良好な傾向であるのに対し、市街地を流れる支川(高屋川、瀬戸川)の合流後は水質が悪くなる傾向です。更なる水質改善に向けては、これまでの取り組みを継続していくことが重要と考えられます。

総合評価ランキング
順位 上位ランキング 得点 順位 下位ランキング 得点
1

(1)府中大渡橋(芦田川)

90点

1 (12)出原橋(高屋川) 46点
2

(13)中津原取水堰(芦田川)

88点

2 (11)鶴ヶ橋(高屋川) 53点
3

(3)府中新橋(芦田川)

84点

3 (16)観音橋(瀬戸川) 54点

※( )カッコ内の数字は地点番号を示しています。

2020年度 芦田川 川の健康診断調査結果(春季調査:2020.6.7)

模式図

結果一覧表

上記調査結果(調査結果模式図)をPDFファイルでご覧いただけます。 PDFダウンロード
(PDF形式:580KB)

4.今後の取り組み

今後もこのような水質調査を継続し、情報発信していくことで、流域の皆さまに芦田川の現状をご理解いただくとともに、家庭などの身近なところでできる水質改善の取り組みとして、“環法17条”やその簡易版である“芦田川クリーン5”などの普及啓発を進めていきます。

※芦田川をきれいにするための独自の取り組みをまとめた“環法17条”のパンフレットはホームページからも入手できます。既に“芦田川クリーン5”は実践しているという方は、レベルアップとして是非チャレンジしてみてください!

Acrobat Readerをダウンロード
PDFファイルをご覧いただくためにはAcrobat Readerが必要です。お持ちでない方は、ダウンロードしてからご覧ください。

一覧へ戻る