芦田川の概要
芦田川の歴史
芦田川にはこんな魚が
なぜ汚れるのか
みんなができること
 
川の健康診断
水辺の学び舎
河川浄化チャレンジ月間
活動状況
 
イベント情報
団体情報
 
ニュースレター
AEMCとは



 

なぜ汚れるのか?

2016-07/21

中国建設弘済会 助成金事業報告会(H28.6.25)で第2位という栄誉に輝きました。

6月25日(土)、広島市内のゲバントホールにて、一般社団法人 中国建設弘済会主催の「中国地方地域づくり等助成事業報告会」が開かれました。平成27年度に助成を受けた28団体のうち、8団体が取り組みを報告いたしました。

AEMCは「平成27年度 芦田川 水辺の学び舎」について活動報告をしました。この事業は、10年間継続して開催しており、このことに対して「敢闘賞」という形で高く評価してくださったことを大変嬉しく思っています。
 他団体のみなさんも、地元の自然や街道などを活用しながら、地域を盛り上げる活動をされています。活動報告を聞きながら「地域づくりは人づくり」ということを改めて感じました。
 活動を継続していくことは大変なことです。ともに活動してくださる方や次世代を担う子どもたちとつながり、さらに地域を盛り上げていくために何が出来るかを考えながらこれからも行動していこうと思いました。

各団体の事業報告後には、昨年まで広島県安芸太田町で活動されていた吉田秀政さんの講演がありました。テーマは「三方良し型」活動による地域力向上を目指した5年間〜町民を巻き込み、活動し続けた5年間の舞台裏〜
 熱のある吉田さんの語り方にどんどん引き込まれていきました!
吉田さんは、近江商人の経営理念である「三方良し」の考え方を地域活性化のベースに活動をされています。関わるすべての人にプラスになることを考えながら活動することはとても大切だと思います。
 たくさんの言葉をいただきましたが、その中でも「鵜の目、鷹の目、魚の目」という言葉が印象深かったです。
鵜の目➡︎地元を見る目
鷹の目➡︎俯瞰的に世界を見る目
魚の目➡︎時代の流れを見る目
              今と、この先の流れを見る目

学び考えることが出来た1日でした。
ありがとうございました!

運営委員 客本牧子

中国建設弘済会 助成金事業報告会で第2位中国建設弘済会 助成金事業報告会で第2位中国建設弘済会 助成金事業報告会で第2位中国建設弘済会 助成金事業報告会で第2位

一覧へ戻る