歴史から学ぶ「福山」郷土の偉人たち

第6回 磯 永吉(1886-1972) 《「台湾蓬莱米の父」「台湾農業の父」》

第6回は、「台湾蓬莱米の父」「台湾農業の父」 磯 永吉(いそ えいきち)(1886-1972) を取り上げました。
《開発した蓬莱米(ほうらいまい)で台湾の農業を変革し、経済発展に貢献》
ぜひご一読ください。
 1886年(明治19年)、福山市霞町で生まれた農学者の磯永吉は、日彰館中学校(現・広島県立日彰館高等学校)を卒業後、札幌農学校を経て、1911年(明治44年)、札幌市の東北帝国大学農科大学(現・北海道大学農学部)を卒業しました。
 翌1912年(明治45年) 、25歳の永吉は、台湾総督府農事試験場の技術者として日本統治下の台湾へ渡り、この後45年もの長い間、台湾米の品種改良に全身全霊を傾けて取り組みました。
 当時の台湾は、食糧不足の日本に米を出荷していましたが、ぱさぱさした食感で粘り気のない台湾米は日本人の口に合わず、日本国内の米の半値でしか売れませんでした。そのため永吉たちは、台湾で日本人の味覚に合う米を生産しようと、膨大な数の人工交配実験を繰り返し、悪戦苦闘しました。
 そして、ついに1927年(昭和2年)、品種改良により台湾の気候風土に適した、優れた品質を持つ新しい米(「台中65号」という「蓬莱米」)の開発に成功、台湾の米の生産量は飛躍的に増加しました。永吉は、研究室に閉じこもることなく台湾各地に足を運び、蓬莱米の普及に全精力を注ぎ、「台湾蓬莱米の父」と呼ばれるようになりました。
 その後も台湾は、蓬莱米と砂糖の輸出で得られた外貨で急速に工業化が進み、奇跡的な経済発展を成し遂げました。まさに台湾農業を大変革し、経済発展の礎を築いた「台湾農業の父」にふさわしい偉業です。
 また、1928年(昭和3年)に台北帝国大学(現・国立台湾大学)理農学部の助教授、2年後には教授に就任。多くの学生を指導し、有望な人材を世に多く送り出しました。
 1945年(昭和20年)、日本の敗戦後、永吉は中華民国(台湾)政府の要請で台湾に残り、農林庁技術顧問として農業指導を続けました。1957年(昭和32年)、帰国に際し、中華民国から日本の文化勲章に当たる最高位の勲章を授与され、毎年1,200キロもの蓬莱米を終生贈られることになりました。
 また、永吉は蓬莱米だけでなく、他の農作物の研究にも力を入れ、台湾と東南アジアの農業に非常に大きな足跡を残しました。
 最近では、永吉の胸像が国立台湾大学に設置され、同大学内の老朽化した永吉の研究室「磯小屋(磯永吉小屋)」の修繕費に多くの寄付が集まるなど、永吉は亡くなって50年経つ現在でも台湾の人々にとても慕われています。
※蓬萊米/日本統治下の台湾で品種改良に成功した米
「蓬萊」とは、中国の伝説で東方の海上にある仙人が住む土地で、「台湾」の別名でもあることから、永吉が「蓬莱米」という名を提案

写真提供:福山市 文化観光振興部 文化振興課

PDF