歴史から学ぶ「福山」郷土の偉人たち

第3回 河内源一郎 (1883-1948) 《「近代焼酎の父」「麹の神様」》

第3回は、「近代焼酎の父」「麹の神様」河内源一郎 (1883-1948) を取り上げました。ぜひご一読ください。
 「焼酎」というとても人気のあるお酒があります。全国でこの「焼酎」が安心しておいしく飲めるのは、実は福山出身の河内源一郎が発見した「河内白麹菌」のおかげなのです。
 1883年(明治16年)、福山市吉津町で代々しょうゆ屋を営む家に生まれた源一郎は、幼いころから家業の影響で、麴菌などの微生物に興味を持っていました。福山中学校(現・福山誠之館高校)卒業後、大阪高等工業学校(現・大阪大学工学部)醸造科に進みました。卒業後は、家業が傾いたため、しょうゆ屋は継がず、大蔵省の役人となり、鹿児島に赴任しました。そこで、生涯の研究対象となる「焼酎」と出合いました。
 当時の「焼酎」は、とてもまずく腐りやすい低品質なものでした。源一郎は、その原因として、南国鹿児島の「焼酎」をつくるのに寒冷地向きの清酒用の麹菌を使っているからではないかと思いつきました。
 そして、鹿児島のような暑い地域の麹菌は似たような暑い気候の地域から探す必要があると考え、沖縄のお酒「泡盛」に着目しました。そして、1910年(明治43年)、泡盛の麹菌から「泡盛黒麹菌」(アスペルギルス・アワモリ・ヴァル・カワチ)を発見し、「焼酎」の品質が大幅に向上しました。さらに、1924年(大正13年)には、「泡盛黒麹菌」よりもっと優れた「河内白麹菌」(アスペルギルス・カワチ・キタハラ)を発見。これを普及させるために、大蔵省を辞めて、鹿児島市に自ら「河内源一郎商店」を設立し、研究と普及に尽力しました。
 1948年(昭和23年)、源一郎は、自宅の玄関で倒れて急死しましたが、その時も麹菌の入った試験管を懐に抱いていたそうです。戦後の物資不足の中、麹菌を純粋分離する装置がなかったため、自らの体温で温め分離していたのです。まさに、「近代焼酎の父」とも「麹の神様」とも呼ばれるにふさわしい研究一筋の生き方をして生涯を閉じました。
 現在、わが国の焼酎のほとんどが「河内白麹菌」を使用しています。源一郎の発見によって「焼酎」の世界が大きく広がったといえます。
※麹菌/アジアにしか生息していないカビの一種で、味噌、しょうゆ、酒などの発酵食品の製造に使われる

写真提供:(株)河内源一郎商店

PDF