歴史から学ぶ「福山」郷土の偉人たち

第11回 佐沢 太郎(さざわ たろう) [1838-1896]

《 わが国最初の教育法令「学制」制定の功労者 》

PDF

第11回は、わが国最初の教育法令「学制」制定の功労者 佐沢 太郎(さざわ たろう)[1838-1896]
を取り上げました。
《「学制」制定の最重要書籍『仏国学制』を翻訳》
ぜひご一読ください。
    
    皆さん、わが国最初の近代的学校教育制度の創設(=最初の教育法令「学制」の制定)に、福山出身のフランス学者で文部官僚の佐沢太郎が関わり、とても大きな役割を果たしたことをご存知でしょうか。
    佐沢太郎は、1838年(天保9年)、備後国品治郡新市村(現・福山市新市町)の三木嘉久平の子として生まれました。12歳の時、父を亡くし母の実家で育てられましたが、15歳で儒学者・江木鰐水の塾に住込みで学び、18歳の時に、品治郡江良村(現・福山市駅家町)の医師・佐沢泰介(佐沢鶴洲)の養子となり、太郎の姓は「三木」から「佐沢」に変わりました。
    20歳で藩校誠之館(現・福山誠之館高校)教授・寺地強平(寺地舟里)から蘭学(オランダ学)を学び、その後大阪の緒方洪庵の適塾(現・大阪大学)で学びました。1863年(文久3年) 、福山藩より「洋学修行」を命じられていた太郎は江戸藩邸に入った後、開成所(現・東京大学)で仏学(フランス学)を習得し、その後開成所の先生になりました。1868年(明治元年)に藩の命令により福山に戻り、藩校誠之館の先生になりましたが、1871年(明治4年)、福山県(旧・福山藩)の廃止で職を解かれました。翌1872年(明治5年)、東京の文部省(現・文部科学省)で働くことになり、この時進められていた「学制」制定において最も重要な参考書籍となったのが、太郎が翻訳した『仏国学制』でした。
    太郎がいた福山藩では、明治政府の「学制」に先立ち、藩内の学校教育制度改革を2度行なっていました。1868年(明治元年)の第1次教育改革は、旧教育の枠内の改革にとどまるもので、とても新時代に対応できるものではありませんでした。それから2年後の1870年(明治3年)、フランスの学校教育制度を模倣した第2次教育改革に取り組み、太郎も改革の実施に当たりました。何と小学・中学・大学の3段階学校制度というフランス型の学校教育制度は、明治政府の「学制」公布の2年前に、全国に先がけ福山藩ですでに導入されていたのです。
    明治政府は、アメリカやイギリスのように多様性に富んだ制度よりも、もっとも整備されて中央集権的なフランスの学校教育制度を参考に、「学制」を立案、1872年(明治5年)にわが国最初の教育法令として「学制」が公布されました。
    「学制」による学校教育制度は当時としては世界的にみても、とても水準の高いものでしたが、財政上の裏付けを欠いた「学制」はわずか7年の短命に終わり、1879年(明治12年)にはアメリカの教育制度の影響を強く受けた「教育令」にとって代られました。その後もプロイセン(現・ドイツ)型の教育制度を取り入れたりしながら、1890年(明治23年)に「教育勅語」が発布されるまで、ほぼ20年にわたって、日本の学校教育制度は試行錯誤を繰り返しました。
    「学制」公布後、太郎は1874年(明治7年)に一旦文部省を辞め、6年間雑誌の編集長を務めた後、文部省に復帰しました。そして1885年(明治18年)に文部省を辞めた後は、尋常中学福山誠之館(現・福山誠之館高校)の維持・運営を目的とする「福山教育義会」の幹事兼委員として、誠之館の維持発展に力を尽くしました。
    
※「学制」とは
明治維新によって誕生した明治新政府が初めて定めた近代的学校教育制度のこと。
文部省が全国の学校を統括。全国を大学区・中学区・小学区に分け、各学区に大学・中学・小学を1校ずつ設けようとするもので、身分・性別に区別なく国民皆学を目指しました。
 

写真提供:(株)日本評論社