歴史から学ぶ「福山」郷土の偉人たち

第10回 足利 瑞義(あしかが ずいぎ)[1872-1944]

《 シルクロード探検の「大谷探検隊」隊員 》

PDF

第10回は、シルクロード探検の「大谷探検隊」隊員 足利 瑞義(あしかが ずいぎ)[1872-1944を取り上げました。
《童謡「かもめの水兵さん」のモデル》
ぜひご一読ください。
    
    仏教は、インドからシルクロード(絹の道)を通じて中国に、そして日本に伝えられました。明治から大正にかけて、仏教伝来の経路と仏教遺跡の調査等のため、シルクロードが通る中央アジアを中心にアジア全域にわたって調査した、西本願寺の「大谷探検隊」をご存じでしょうか。世界探検史に大きな足跡を残したこの大谷探検隊のメンバーに、福山出身の足利瑞義(勝願寺住職)がいました。
    1902年(明治35年)、西本願寺門主・大谷光瑞は、イギリス留学中の25歳の時、アジアはヨーロッパ諸国の植民地にされバラバラの状態でしたが、仏教を通してアジアとしてのまとまりを求めようとしました。光瑞は、その歴史的な繋がりを確かめるため、広大なアジア大陸に直接出かけ仏教の遺跡を調べようと考え、青年僧侶たちで大谷探検隊を組織。1902年(明治35年)から1914年(大正3年)までの13年間に3回、20数人の青年僧侶たちによって大規模な探検が行われました。当時は、イギリスのスタインやスウェーデンのヘディンなどヨーロッパの探検家たちがしのぎを削る、アジア探検が盛んな時代でした。その中で大谷探検隊の活動は、世界に例をみない広範囲のアジア学術調査でした。当時の日本人の多くが知ることのなかった砂漠や草原、氷河のある高山地帯にまで調査は及びました。まさしく青年僧侶たちによる決死の探検だったのです。この探検隊がもたらした貴重な学術資料は、東京国立博物館や龍谷大学などにおさめられています。
    足利瑞義は、京都の西本願寺を代表する学僧[学問に優れた僧]勧学・足利義山の三男として、1872年(明治5年)、深津県西中条村(現・福山市神辺町西中条)の勝願寺に生まれました。姉に京都女子大学創始者の甲斐和里子がいます。1894年(明治27年)、大学林(現・龍谷大学)を卒業後、ロシアに留学。ロシア帰国後は、文学寮(現・龍谷大学)教授などに任命され、大谷光瑞が、瑞義の父・義山の教え子であったという縁から、瑞義は光瑞の側近として活躍、第1次大谷探検隊のインド仏教遺跡調査で得られた資料の整理を担当しました。
    日露戦争が終わって4年後の1909年(明治42年)、瑞義は第2次大谷探検隊のメンバーとして、インドとシルクロードを結ぶヒマラヤ山脈西側の山岳地域カシミールまで、大谷光瑞に同行しました。そして、そこから仏教遺跡の調査を開始、仏教の発祥地であるインドのガンジス川流域まで調査しました。
    帰国後の瑞義は、仏教大学(現・龍谷大学)学長や西本願寺実務トップの執行長に就任するなど、数々の要職を歴任、1937年(昭和12年)には、父・義山と親子2代にわたって学僧としての最高位「勧学」に任じられ、1939年(昭和14年)には再び龍谷大学学長に就任しました。瑞義は死後も「尊い人だった」と周囲に語られるほど、高徳の人でした。
    現在、大分県別府市大谷公園には、大谷探検隊顕彰碑が建てられており、瑞義ら隊員たちの顔写真や探検内容が紹介されています。
    
【エピソード】
    1933年(昭和8年)、ハワイへ旅立つ瑞義を見送りに来た姪の武内俊子は、横浜港メリケン波止場で、たくさんの白いカモメが飛び交い、夕日に映えてとてもきれいだった情景をもとに、童謡「かもめの水兵さん」を作詞。大ヒットし、童謡レコード売上1位となりました。
    
    ♪ かもめの水兵さん ならんだ水兵さん
    白い帽子 白いシャツ 白い服
    波にチャップ チャップ うかんでる ♬

 

内モンゴルを行く大谷探検隊

写真提供:足利義信氏(勝願寺住職)

[月刊こども新聞「郷土の偉人たち」に加筆修正]