歴史から学ぶ「福山」郷土の偉人たち

第 1 回 甲斐 和里子 (かい わりこ)[1868-1962]

《 京都女子大学創始者 》

PDF

第1回は、京都女子大学創始者 甲斐 和里子(かい わりこ)[1868-1962]を取り上げました。
《生涯一教師にして歌人》
ぜひご一読ください。

 

    甲斐和里子(旧姓 足利)は、1868(慶応4)年、福山市神辺町西中条の勝願寺で、父・足利義山、母・早苗の五女として生まれました。父の義山は、京都にある西本願寺を代表する仏教の高名な学者でした。お念仏を聴いて育った和里子は、女性の社会的地位を向上させるためには、仏教の教えに基づいた女子教育が必要であると考えました。そして、1899(明治32)年、仏教を教えとする女学校を創設しました。この女学校が発展して、現在の「京都女子学園」「京都女子大学」となりました。学校創設者でありながら、一人の教師として1927(昭和2)年まで教壇に立った和里子は、女子教育を根付かせることに生涯をつくしました。和里子の生家である勝願寺には、「かやのみ幼稚園」「かやのみこども園」があり、和里子の思いを継いで、仏教教育に力を入れています。
    また、和里子は歌人としても活動し、多くの和歌を詠んでいます。その中で、最も有名な歌を紹介します。

 

岩もあり    木(こ)の根もあれど    さらさらと    たださらさらと    水の流るる                    わり子

 

川の水は、流れの途中に岩や木の根っこなどの障害物があっても、上流から下流へ、そして最終的には海へと流れていきます。水には形がないので、途中に障害物があっても、自由自在にさらさらと流れていきます。
私たちの人生にも、苦しいことや悲しいこと、困ったこともたくさんあります。しかし、川の水の流れのように、障害があってもくじけず、こだらわず、日々の生活を送りましょう。そうすれば、多くの幸せに恵まれた人生を送れるのではないでしょうか。みなさんがつらい時や苦しい時には、ぜひこの歌を思い出してください。そして、自分らしく、自然体で頑張りましょうね。
    和里子は、お念仏を最も大切に考えた生き方をし、1962(昭和37)年、95年の生涯を閉じました。

 

写真提供:京都女子学園