歴史から学ぶ「福山」郷土の偉人たち

第2回 井上角五郎 (1860-1938) 《 ハングル普及の功労者 》

第2回は、ハングル普及の功労者 井上角五郎 (1860-1938)を取り上げました。
ぜひご一読ください。
 皆さん、「ハングル」をひろめた最大の功労者が福山出身の井上角五郎ということをご存知でしょうか。井上角五郎は、1860年、福山市古野上町の農家に生まれました。
 幼少より極めて学業優秀で、9歳のとき特例で藩校誠之館に入学、14歳のときには、なんと村の小学校教師となりました。
 1879年、19歳のとき、郷里の先輩をたよって上京。慶應義塾を開いた福沢諭吉の弟子となり、ここに通いました。卒業後も諭吉に師事したことが、のちにハングルとの出合いにつながりました。
 諭吉は朝鮮の近代化に協力したいとの強い思いから、一般の朝鮮人でも文字が読めるようにするためにはどうすべきかと考え、漢字とかなを使った日本語を参考に、表意文字の漢字と表音文字のハングルを組み合わせることを思いつきました。もともとハングルは、朝鮮で1443年につくられましたが、当初からほとんど使われておらず、あくまで漢文中心の社会でした。諭吉は、弟子の角五郎に命じて、ハングルの活字を日本でつくらせ、1886年、朝鮮で漢字とハングルの両方を使用した新聞を初めて発行しました。この新聞の発行によって、朝鮮半島でハングルが広く使われるきっかけをつくりました。今、ハングルが使われているのは、諭吉と角五郎のおかげともいえます。
 また、政治家としては、1890年の第1回帝国議会衆議院議員に初当選以来、連続14回も当選し、1924年まで衆議院議員を務めました。
実業家としても大いに活躍し、北海道では「室蘭製鉄業の祖」として、今でも室蘭の子どもたちには「角ちゃん」の愛称で親しまれています。生まれ故郷の福山では、1910年、鞆鉄道(現在のトモテツバス)の創立発起人になるなど、多くの会社の設立に関わりました。
※ハングル 朝鮮語を表記するための表音文字

写真提供:井上本家 井上育忠氏/福山市松浜町在住

PDF